a

どうしてる? 高額品の断捨離

 不要になったものを除けていくと、自分にとっての大切なものが見えてきます。
「断捨離」していくと、今の自分のやるべきことが見えてきます。

 散らかった机の上を片づけると、最後に受験用の参考書が残った、というふう
に、断捨離していくと、そのときの自分にとっての必要なものが残っていきます。
 
 自分のやるべきことがわかってきます。自分が何だかんだと理由付けして横道
に逸れ、気づかないようにしていた事柄に直面せざるを得なくなります。言い逃
れは出来ません。それをやるしかないのです。あるいは、これまで気づかなかっ
た一面を知ることが出来ることもあります。あるいはまた、 大反省させられる
こともあります。
 

 モノを整理するということは物との「別れと出会い」を繰り返すということで
もあるわけで。 春はまさしく断捨離の季節。(何でもかんでも断捨離に結び付
けているだけなんですけど)
 
「断捨離」を意識したのが10年前だったのですが、始めたキッカケは、自分が人
生を終えるときのことを考えてというわけではありませんでした。単純に、身の
回りに物が溢れていて気持ち悪くなったからです。

 毎年、田舎から両親が出てきていたのですが、高齢になって来ることが出来な
くなり、客用の布団類が不用になりました。この布団類を整理することから始め
ました。

 処分した一番大きな物は、横幅が120センチのチェストでした。衣類を整理
して洋服ダンスに空きが出来たおかげで、チェストが一つ要らなくなったという
わけです。 これは感激でしたね。部屋が広くなりましたから。10年前より、
家財道具は2割、減ったと思います。

 最近のことですが、細かいものを片づけていて、気がついたことがあります。
食器類は2割以上処分したのですが、残っている食器の中に茶器が多いことに気
がつきました。

 ティーカップ、コーヒーカップ、
 日本茶用の茶器は、普段用と、玉露用。急須は大小4種類。
 陶器が好きだということを再確認しました。

 
お猪口より小さい玉露用の湯飲み↓

玉露用2個.JPG



「断捨離」は、要る要らないだけでは決められですね。持っていて気分がいいか
どうか、も、判断の基準になりますね。

 ウキウキする、嬉しくなる、元気になる、気分がいい、ときめく、こういう物
は残しておくということなのですが、私のように、量を減らしたい場合は、これ
では少しも目標を達成することが出来ません。物の量は人それぞれ違うわけで、
どの程度の量だったら良しとするかは皆違いますが、日頃から最小限の物だけで
暮らしたいという意識を持っていないと断捨離は進まない気がします。
 
 一度に処分できない物は段階を踏んで挑戦していけばいいと思います。今回は
ちょっと保留し、時間を置いてまた検討してみる、これを繰り返すと処分する決
心がつくときが来ます。

 


     
高額品の断捨離




 なかなか処分する決心がつかない物の一つに、高価な物があります。バカ高い
物ではなくても、ではなくても処分し難いものです。
長持ちしていてデザインが古くなったり、洋服で言えばサイズが合わなくなった
りしても処分出来ないものです。


 先日、遠方の親友と2か月ぶりに電話で話したのですが、彼女も何度かの挫折
を乗り越えて、断捨離に取り組んでいます。大学時代の本をやっと処分したと云
ってきました。
「これはバカ高い金額ということではなく、私にとっては高額、という意味なん
だけど、ちょっと値段が高かった物はなかなか処分できないよね。私は今バッグ
が処分できないでいるの。 価格が2万~3万円くらいのものなんだけど」とい
うので、
「あら、私も同じよ。なかなかできなかったわ」と言うと、
「あなたは引っ越しの荷物を8箱、中身を見ないで捨てたくらいの人だから、簡
単に処分出来たのだろうと思ってた」
「ううん、引っ越しの荷物の場合は、8年間開けなかったということが決め手に
なったのよ。つまり必要無かったのよ。8年間一度も開けようとしなかったのだか
ら。その中に入っていたものは無くても困らないものだった、だからエイヤーっ
て処分したの。忙しくて中身を確かめる時間もなかったしね。自分にとって高額
だった物はやっぱり、段階を踏んだわよ。何回か待ったをかけてやっと処分した。
5年くらい保留していたものもあったわ。取り出して見ては、もうちょっと待とう、
の繰り返しで徐々に気持ちが固まっていき、4回目くらいで手放した。

 グッチのクラッチバッグ、使わなくなって20年が過ぎたころ、もういいや、
と埋め立てごみに出しました。キー付きのバッグでどこも傷んでいなかったので
すが。

 なぜ処分できたかと言いますと、どう考えても使うときが無いなと思ったから
です。クラッチだから、幅4~5センチです。今の私は荷物が多い。これでは化粧
ポーチも入りません。出番が無いのです。それで手放すことにしました。

 
 もっと高額と云えば、○○万円のキュロットスカート、どうして買ってしまっ
たのだろうと、見る度に、買わなければよかったと大後悔。自分への戒めのた
めに、20年くらい保存していましたが、かなり反省したのでもういいかと思い、
処分に踏み切りました。

 金額では無いのです。自分の好みではないものを買ってしまったこと、それを
後悔したのです。自分の至らなさを思い知りました。バッグ好きは母譲りで、未
だに要注意。お値段が高かった物、思い入れのある物などは、処分するために相
当の時間とエネルギーを要します。ですから、購入の仕方を気をつけないといけ
ないですね。増やすのは簡単だけど、減らすのは大変。

 断捨離は行動力、判断力が培われますね。

 



ランキングに参加しています↓
クリックでご協力お願いします↓
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • 詩 誠

    なるほど・・・と思いながら読みました
    きょうから連休のスタート
    何から整理しようか・・・
    僕の場合は高額品はないので問題ありませんが
    思い出のあるもの、これはとても とても
    無理ですね。
    有難うございました。

    2019年04月27日 10:17
  • anemone

    詩 誠さま
    物を整理することは心の整理でもあるので、
    思い入れのあるもの、それらを見直すことは
    とても意味深いです。
    2019年05月03日 15:07

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

QRコード